MENU

彼への嫉妬心を抑える方法

女性というのは彼への愛情が大きければ大きいほど、嫉妬心を抑えることができないものです。
他の女性と話をしているだけで不機嫌になったり、同僚との飲み会に女性もいるのか聞いてみたり…
そんな嫉妬からくる行動は、彼を束縛していることと同じです。
どこかで気持ちを抑えないと、どんどん嫉妬心が大きくなってしまいます。
そんなあなたを彼が重たく感じて離れていってしまう前に、嫉妬心を抑えられる自分になれるように努力しましょう。

 

彼への嫉妬心を抑える方法

一日中彼のことばかり考えているという人は、それだけ彼に依存しているということです。
そんな人は、彼との距離を持って精神的に自立することからはじめなければなりません。
一人でいるとどうしても彼の事を考えてしまうし、彼に会う時間が多ければそれだけ彼に気持ちが集中するものです。
ですから、なるべく彼のことを考えない時間を作ってください。
何か習い事を始めるのもいいし、友達と会う時間を増やすのもいいでしょう。
何か他の事に集中して、彼と一緒にいる時間をちょっと減らすようにしてみましょう。

 

それから、嫉妬心が抑えられない理由として、自分に自信がないからというのがあります。
他の女性に彼が取られてしまうのではないか…
自分ではなく他の女性の所へ行ってしまうのではないか…
こういった不安は、自分に自信がないから起こるものです。
ですから、自分自信をよく見つめなおして自分の良い所を見つけ、自信をつけてください。
自分の良い所なんてスラスラと言える人はいないかもしれませんが、1つでも2つでもいいので良い所を見つけて紙に書き出しましょう。
ただ考えるより、紙に書いて文字にすることでしっかりと確認することがき、それを何度も読むことでだんだんと自信がついてきます。

 

女性の嫉妬、どこまでなら許せる?

彼が他の女性と話をしているのを見て、なんとも思わないという女性は少ないと思います。
ほとんどの女性が嫉妬するでしょう。
でも、その嫉妬の仕方は人それぞれで、少しふてくされる程度の人もいれば、いつまでもネチネチと文句を言ってずっと不機嫌なままの人もいます。
ちょっとふてくされる程度なら、男性も「かわいいなぁ」と思えるけど、ずっと機嫌が悪いと「面倒な奴」と感じてしまいます。
更に、不機嫌が続くだけではなく「もう他の子と話しないで」などと束縛するようになると、彼の気持ちも離れていってしまいます。
初めは許せる束縛も、回を増すごとによってだんだんと苦痛になり、嫌気がさしてしまうのです。

 

おわりに

好きな人と一緒にいたい、毎日会いたいと思うのは当然のことです。
ですが、何をするにも彼がいないとダメというような、彼に依存する恋愛はあまりいい恋愛とは言えません。
まずは彼から自立し、自分に自信を持ってください。
そして、一人でいても友達といても、いつでも幸せを感じられるような素敵な恋愛をしてください。