MENU

重すぎドン引き!彼を困惑させる女性の猛烈結婚願望アピールランキング5

恋愛と結婚は同じ? それとも別物? どちらにせよ幸せな時間は永遠に続いてほしいと考えるもの。
「素敵な彼と結婚して、かわいい子どもを出産して温かい家庭をつくる」なんて、想像してドキドキすることも、恋する乙女ならみんな通る道です。
しかし、いくらラブラブで仲がよくても「彼も私と同じ気持ちにちがいない!」と勝手に決めつけるのはちょっと要注意かも……。
そこで今回は、彼を困惑させる女性の猛烈結婚願望アピールをランキングで紹介します。

 

■5位:「結婚してくれないなら、今すぐ別れて欲しい」と言われた

年齢や収入、気持ちの整理、家族の問題など、男性にもタイミングがあります。
「●●しないなら別れて欲しい」というのは「おもちゃを買ってくれなきゃ勉強しない」と同レベルです。
交換条件で相手の気持ちや出方を測ることは卑怯です。

 

■4位:「入籍日を決定したい」と言われた

許婚や婚約中ならありえますが、こんなこと急に言われたら驚きます。
また、実際に決定するとなると、籍が変わるわけですから、書類上の手続きもたくさんあります。
もちろん、お互いの両親にも相談・報告して手順を踏んだほうがいいですよね。
あまり勢いで行えるものではなさそうです。安易な言葉は控えましょう。

 

■3位:「子どもが欲しい!」と言われた

友達の子供や親せきの子供に会うと、思わず言ってしまうセリフですよね。しかし、人によってはその発言を、結婚をせがまれていると受け取り、プレッシャーに感じる場合もあるよう……。
せめて、「いつか私もお母さんになれるといいな」など、ほんの少し言い方を変えるだけで、彼の受け止め方も変わるかもしれません。

 

■2位:「あなたの親を紹介して」と言われた

これは「どうして?」とドン引きされる可能性が高いです。
仮に、お互いの関係が浅い段階で紹介してもらっても、彼のご両親からの「彼女はどういう人なの?」という質問に、彼は答えられるでしょうか? 彼自身が紹介したくなる彼女を目指す方向に、気持ちを切り替えていきましょう。

 

■1位:付き合った間がないときに「親に会って」と言われた

2位と逆のパターンですが、こちらも男性からしたらプレッシャーとして受け止められる事でしかありません。
たとえ「お付き合いしてる報告だけ」という軽い気持ちでも、彼からすると、「結婚する流れをつくられる」と身構えてしまうのではないでしょうか。
男性側の準備が整った段階で、「親を紹介して欲しい」と言いだしてくれるのを待ったほうが安全かもしれませんね。

 

 

いかがでしたか? 付き合い初期の幸せ絶頂な気持ちは大切ですが、勢いで強引に愛情を押し売りをしてしまうと、大好きな彼に逃げられてしまうかもしれません。大切な人だからこそ、時間をかけてじっくりお互いのことを知り、いいところも悪いところも全て受け入れる覚悟と準備ができれば、自然に将来の事を視野に入れた会話をする機会も出てくるのではないでしょうか?